Lolita23q

少女-ロリヰタ-23区完全復活
パーソナルインタビュー:Dr.BAN

<ステージに立つ思い>

―――久しぶりのロリヰタのライブはいかがでしたか?
BAN:そうですね、こんな長い時を経て一日復活しましたけれどもやっぱり色んな気持ちや想いがステージまで伝わってきて、すごい楽しんでもらえたようで何よりです。

―――(写真を見ながら)これだけたくさんの人が入ってるEASTは・・・人数だけじゃなくて、熱が一番後ろまで届いてるライブってホント久しぶりに観たと思いました。
BAN:ありがたいです本当に。

―――颯くんも今日インタビューさせてもらってて、あの頃と、この前のライブの間ではやっぱり、シーンが変わった気がするという事なども話していたのですが、BAN:くんはどのように感じているのか聞かせてもらえたらと思います。
BAN:なるほど話しましょう。

―――ライブに立って、颯くんはどうでしたか?
BAN:いやーもう、素晴らしいですよ。「素晴らしい」の一言です。

―――やっぱり颯くんはかわらず颯くんの魅力があったっていう感じでしょうか?
BAN:さすがだなって思いましたね、やっぱり。
何よりカリスマ性があるなって思いましたからね。それは、リハの時から思いました。

―――リハの時からなんですね。
BAN:出てますね。立ち姿や、ステージに立つ想いとかがやっぱり、その他のボーカルとは比べ物にはならないくらいすごくあるから。あと自分の像もしっかり持ってるし、そこが彼の良いところだなって改めて、再確認したってのもありますね。

―――久しぶりに会ったのはいつになりますか?
BAN:いつだ?いつだろう?・・・・一年前くらいからなんとなく話が出てきて、計画し始めて、やってみようかなってみんなが思い始めた時じゃないですかね、きっと。

―――久しぶりに再会した時の雰囲気ってどうだったのかなって。
BAN:再会した時は、まぁ、うちのオッチャン(ユ≠キ)とはその後も一緒にバンドやってたからぜんぜん久しぶりじゃないけどね(笑)

―――そうですよね。ユ≠キくんとは一緒でしたもんね。
BAN:そうです・・・でもまぁリョヲ丞はあいかわらずで、颯くんも、変わらなかったですね。あいかわらずな姿勢とスタイルで。最初遠慮はしてたかもしれないけど、元々考えやら何やら変わってないなっていう感じで。みんな若干の久しぶり感はあったからお互い少し探ってた部分はあるけど、話しだせばみんな当時と変わらずって感じでしたかね

―――颯くんに関してのことをみんなに聞いた時も「変わってない」ってみんな言ってて、良い意味で彼は最初からあんな感じで、同じようなスタンスで話ししててっていうの聞いて
BAN:たぶん根本が変わってないからですね、音楽や歌に対するものが変わってないから、その通りなのかなっていう。あと性格面もあるでしょうけど

―――ロリヰタをまた動かすことに関してBANくん的に、どういう風な気持ちだったのでしょうか?
BAN:気持ち的に私は言われればいつでも良いとは思ってましたし、私の基本的なスタイルだと「やりたきゃやればいいじゃないか」スタイルなんで、みんなが思ったのが一致したから何も考える必要がないなと思ってやりましたっていう状態ですね。

―――本当にその通りで素晴らしいなって、発表の時のBANくんのコメント「夢を見るのに理屈はいらない」がその一言に集約されていたのを最後に見て「あぁ!もう、これだ!」って、思いました。
BAN:反応も良かったですよ。

―――かっこよかった!
BAN:私も、いっかなって思って。なんだかんだお客さんには不安があると思ったんで、それをいかに上手く押してあげたりできることを考えてどういうコメント出そうかなとは思いましたね

―――あれはほんともう名言ですよ
BAN:良い言葉を生み出せました

―――BANくんはユ≠キくんとロリヰタが無期限活動休止した後に一緒に(バンド)やったのは、「選んだ」って言うと重いんだけど、どんなところからユ≠キくんを選んだのでしょうか? BANくんから声かけたのでしょうか?
BAN:私からだったかな?確か。「(一緒に)やりませんかね?」みたいな感じで声かけました、私が。

―――新しくバンド組むと、前のバンドのメンバーの良いところ悪いところみたいなのが比較できる瞬間があったりするのかな?と思ったりするのですが、いかがでしょうか??
BAN:振り返ってみると・・・そうですね・・・言い方は上手い事しないと否定的になってしまうけれど、やっぱり颯くんのカリスマ性がすごかったなって思いますね。色々観たりしてても、やっぱり彼が一番カリスマ性のあるヴォーカリストだと思います。それがちゃんと出来てる。

<そこにある空気感>

―――お話を聞いていても、メンバーに対してのリスペクトが前よりもあるような気がしています。「大人になった」っていうのがわかりやすい表現なのですが、その一言で括るにはもったいないくらいの感覚ですよね。
BAN:他のメンバーに対するリスペクトが強いっていうのはロリヰタに関して一番デカイんじゃないかなって思いますね。すごく、私は当時から思ってたし、それが全員でしっかりできてたバンドかなと思います。

―――メンバー一人ひとりがそのままの魅力を出しててかっこいいんだなって思いました。
BAN:そうですね。いちいち出てると思いますよ全員。みんなが自分の持ってるいちばん良いところ出せばいいだけの環境なんで。それがまさにリスペクトだとも思いますしね。信頼してる分、その他の部分は気にせず他に任せとけばいいやっていうのを全員が全員できてるのかなと思います。あとはまぁ、いろんな経験を経てまた新しいもの創ったり色んな事考えたり意見できたりできるようになったのが良いところだと思いますね。

<唯一無二>

―――話は変わりますが、BANくんは新しいものへのアンテナが鋭いですよね。
BAN:まあ、新しいもの好きですからね、何でも。今の音楽がどうなっているかっていうのはすごく気にしてるし、良いなって思ったらすぐ調査しに行くっていうスタイルですから。

―――BANくんの姿勢として音楽の新しいものに対して自分からとりに行くっていう早さとか、ファッションに対しても、常にアップデートし続けてるっていう所が、いつも面白いなと思います。
BAN:基本的には先取りが好きです。早く見つけて、早くやって、他の手に渡ったら次にいくっていう。何でも「先に!先に!」思考で。実際そういう土壌にいる人達はやっぱり面白いんですよ。音楽もそうですけど。世間が注目する前に先に集まってるアンテナ張ってる人達と一緒に音楽を観たり聴いたりしてるっていう時の、そこの場所が一番楽しいんですよ。

―――確かに。クリエイティブな人達というか、面白い事を考えたりする人とかいっぱいいるところですね。
BAN:そういう人達って何かピンときて、「これだ!」って思ってそこにいるし、そういう人達しか集まってない場所って、純粋になにかがあって(そこに)居る人っていうのが交わってその空間が出来てるから。そこの熱量とか、空気感っていうのがすごく好きで。それで、後になってその場に人が増えてきたりメジャーになってきた時に、「あぁ、あの空間ってやっぱり面白かったんだな。これだけの人が納得する物だったり音楽っていう空間を、いち早く集まっれた私達って掛け替えのない財産を持てたよね」っていうのを楽しみたい。

―――そうですよね。結果としても、後に多くの人に届いてるとか見えるっていうのは楽しいですよね。
BAN:そういうのを楽しむタイプですね。先に目をつけてる人達はやっぱり面白い。そういう人達と物を見たり仕事したりするのが楽しいなって思います。

―――颯くんライブの時にMCで「ロリヰタっぽいバンドって居ない。唯一無二の存在だ」って言ったのが印象的だったんですよね
BAN:ロリヰタっぽいバンドが他に居ないっていうのは、結果そうなってるっていうのもあるし、無理矢理作れるもんでもないと思うから、結果的にこんな人間達が集まったらそりゃぁ同じじゃないよなって思うかな。人間性とか立ち位置とかキャラクターとか。この5人集まったら似たようなもんにはならないかなって思います。

―――振り返った時とか、外から見て、何年も続いてきたのを見て、これは真似できないし、メンバーが立てばロリヰタになるんだなって
BAN:そうですね。やっぱりそうなるなっていうのは色々ありますね。それも、集まってリハしてみたりした時に改めてすごい感じましたし、みんなでやればロリヰタっぽくなるなって。

―――撮影の時もそんな話があったと思うんだけど、集合を撮る段階になってテストで撮った時にやっぱりみんなが入るとその個性の集まりがロリヰタだなって思いました。
BAN:それがやっぱり、リスペクトの部分と一緒ですけど、自分のやりたい得意な部分だったり、出したいところをしっかりガンって出せば自然にまとまるっていうのが撮影の時もできてたかなって思いますね。好き勝手やってあんなに形になるんだったら(無理に)合わせなくいい。それが良さかな。

<私の時代が来ました>

―――それぞれの自然な良さを一番出せる場っていうのがロリヰタの、バンドらしさなんですね。
BAN:変わった、変わってない話で言えば最近、言いたい話がタイムリーな感じであるんですけど

―――なんですか?
BAN:最近ようやく、「若いね」って言われるようになってきたんです(笑)自分でもびっくりしたし、ついにきたか!ってこう、ひしひしと「うんうん、しめしめ」って思ってるんですけどね。

―――それは実感としてどういうことなんだろう?なんで最近なんだろう?
BAN:最近、人に年齢を伝えると「若いね!」って言われるようになってきたんです。ホントに。おぉ!ついに来たか!と思いました。
実年齢の10?20位、上で言われたりも昔はしてましたからね(笑)当時10代の私が今の年齢くらいに見えるって言われてましたけど、ついに逆転しましたからね。

―――(笑)BANくんは妖精だから年齢とかじゃなかったですもんね!
BAN:そうですね(笑)でもね、劣化を追い越してきました。

―――逆転しましたからね。もうこれからはBANくんの時代ですよ
BAN:いやもう、そうですよ!私の時代が来ました。遂に。ずっと老けてる老けてるだったけど今誰よりも一番若くなってるじゃないかと。これはやはり妖精の力です。なんてったってまだ6歳ですからね!(笑)

<生き様>

―――(笑)颯くんについてBANくんから見た目線のお話を伺いたいのですが、彼はすごいまっすぐだなって、お話させてもらって最初に思って。ステージの印象からは意外なほどすごい純粋でまっすぐに考える人で
BAN:そうです、その通りです。そこがほんとに彼の良さを真に気付く人や、応援したいなって思う人が更に魅力に思うところの一つになるから、それが良さだと思いますよ。それに見合った歌詞を書くし、世界観があるし。

―――撮影の日ふたりで話しながら撮らせてもらって、まっすぐさに気付いて、好きになっちゃったな
BAN:なんだかんだ、もうほんとに、まっすぐストレートな人間だと思いますよ

―――子供の無邪気さみたいなものがあるっていうか
BAN:他で例えちゃうとアレだけどストレートなくさいセリフ言うロックバンドを真似してる奴らいっぱいいるけどなんだかんだ彼はそのままで一番それっぽいって言う。

―――あぁ、わかる気がします。
BAN:あぁいう感じのジャンル、みんな憧れて真似しちゃうけど、ヴォーカリストはこうじゃないとできないなって思いますし。ああいう、感情だったり、伝えるのって。

―――彼の生き様がそのようなスタイルなんですね。
BAN:そこを本人もすごい重視してると思うからこそ、すごい感じますしね、ステージで。自分の思ってる気持ちだったり感情っていうのを、どうやって伝えていこうか、どう見せていこうかっていうのをすごい意識してると思うんで。

―――彼はそれだけの伝えたい言葉とかがあるんだね
BAN:あるんですよね。すごいたくさんあるんですよ、ステージで出したいものとかが。そこが良い事です。最近あんま無いですからねそういう人って、居ないですから。それがやっぱり見続けられてる理由かなと思うし、心に残る理由、何年たってもいいなって思う理由だろうし。

―――次のライブはもうZeppということで、その日が龍兎くん含めてスタートに立つっていうことで。2017年はどうなりそうですか?わくわく具合だけでも垣間見せてもらえると
BAN:そうですね・・・この五人で新たに始めていけるっていうところの楽しみ、ワクワクがありますし、見せたいものも、やりたいものもまだまだたくさんあるから、どかんと全部ひととおり全力で出して、観てもらって、「懐かしいな」から「やっぱりいいな」って言う風にまた変われるようになって行きたいかな。大人になったロリヰタもいいなと思ってもらえればいいかなと思います

―――続きはZeppでですね
BAN:続きはZeppで。こっからスタートしますから

―――新曲とかもね、この先の楽しみかな。この前も入りきれなかった人いっぱいだったから
BAN:そうですね。それは私達もびっくりでしたけど、心残りでもあるので。

―――次はZeppという大きいところで
BAN:ですね。そこで新しい形っていうか、現代にロリヰタが復活してかっこいいと思ってもらえるような、意図が伝わるバンドになればいいと思っています。まずはそれを1年間かけてみんなにに気付いてもらう作業をしようかな、というところで始めていきたいと思います

BACK